「実家に帰らせていただきます」って本当にあるんですね

妻が実家に帰るということは、誰しもが経験することです。

実家に帰る理由が出産のためであれば、何も悪気を感じませんが、その理由がケンカであったり、不倫であったりするととても気まずく、帰ってきてほしいと伝えようにも、妻のお父さん、お母さん、その家族に何と声をかければいいのかわからないのが夫としての悩みです。

先日、知り合いの友人が自らの不倫が奥さんにバレたらしく、実家に帰らせていただきますと置き手紙を残して、子供と一緒に実家に帰られてしまいました。

その話を聞き、私は本当にそんなことがあるのだなと思ってしまいましたが、友人は当初、何の説得もせず、普通に妻や子供なしでの生活をしていたそうです。
友人は家事も洗濯も料理もできる人であったため、別にいなくても困らなかったと言っていましたが、原因は友人の不倫にあり、よく何もせずにいられるなと呆れてしまいました。
さすがにまずいと思ったのか、すぐに奥さんの実家に行き、奥さんのご両親に土下座を行い、二度と浮気はしないという誓約書を書いて、ようやく妻や子供が帰ってきたそうですが、経験したくないものです。

そんな中、ついに我が家でも、妻が実家に帰らせていただきますと置き手紙を残して実家に帰ってしまいました。

私たちの場合は単にケンカをしただけであり、お互いに非を認めないような状況であったため、冷静さを取り戻すためと称して実家に帰りました。
当初は自分は何も悪くないと思っていましたが、友人と違い、私は何もできないため、1人寂しく家に帰り、コンビニの弁当をレンジで温め、1人でテレビを見ながら本当に申し訳ないことをした、プライドなんか大事にしたばっかりにこんなことになってしまったと思い、その日のうちに車で妻の実家に行くことにしました。

車では高速道路を使ってだいたい数時間程度とそこそこ離れたところに妻の実家がありますが、家を出たのが夜だったこともあり、妻の実家についたのは夜3時だったため、実家の近くのコンビニで寝ることにしました。
すると、しばらくして車の窓をノックする音が聞こえ、眠い目をこするとそこには警察官が立っていました。
警戒中のようだったらしく、職務質問をされ、緊張してしどろもどろになって怪しまれ、警察署に行くハメになりました。

妻の実家の連絡先を教え、身元引受人として妻がやってきた時には、色々申し訳ない思いになり、目の前で号泣し、それ以来、妻には頭が上がりません。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です