不倫というか、これはもう恋!

彼女と出会って、そろそろ2年が経とうとしています。
どこまでの気持ちを不倫と言うのかわかりませんが、この気持ちはそんな言葉では表現したくありません。

そう、これは「恋」なんです。

彼女に恋してる、なんて言うとキレイごとに聞こえるかもしれません。
自分は既婚者ですので、好きな人がいるということは公にできないのも確かです。

妻との仲も悪くはないのですが、結婚して10年以上経つとなんというか「家族」になってしまうんです。
一緒にいるのが当り前になりすぎて、異性として見る事もなく、セックスも最後にしたのがいつだったか思い出せないくらいです。

かといって、彼女とそういう関係かというと、そこまでも行き着けないくらい純粋な付き合いなんです。
もちろん下心はあります。
ホテルに誘ったこともありますが、断られました。

彼女が言うには、今夜いっしょに過ごしたらそれ以上の気持ちになってしまうから、ということでした。

ただの断り文句だということはわかっています。
彼女はとても魅力的な人だから、自分以外にも多くの男性に誘われていることでしょう。
女性としての魅力だけではなく、人として彼女にはすばらしい魅力があります。

だからこそ、2年が経とうとしている今でも、こうして気持ちを抑えて付き合っていけるんです。

ホント、自分でもときどきおかしくなることがあります。
中学生じゃないんだから、ダメなら諦めろって思うこともあります。
実際、3ヶ月ほど連絡を取らずにいたこともありました。

これ以上深入りすると、家族も失ってしまうかもしれないと考えたこともあります。
だけど、そういうときに限って彼女からふいに連絡が来るんです。
まるでこちらの気持ちを知っているかのように、少し寂しそうに電話を掛けてくるんです。
ズルいよなあ、なんて思いながらも結局はまた彼女に会いに行ってしまう自分がいます。

食事をしてお酒を飲んで、帰り際にキスをして、それ以上の気持ちを必死に抑えて、何やってるんだろうって思います。
次に会う約束をするわけでもなく、朝までいっしょに過ごすこともなく、この関係っていったいなんなんだろうって考えます。
妻以外の女性と会っているんですから、世間一般的には不倫と言われても仕方ないのですが、やっぱり自分はそう言いたくないという気持ちです。

これからまた彼女に会いに行きます。
今回は4ヶ月ぶりです。
彼女は、話したいことがたくさんあると言ってました。
会えなかった時間にいろんなことがあったから、話し始めたら朝になるかも?なんてうれしそうに笑っていました。

だけどわかっています。

朝になることはないということ、またいつものように彼女は帰っていくこと、わかっているのにドキドキしながら約束の時間まで過ごすことになります。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です